ニュース

  • ニュース一覧
  • 柿などの生産振興に向け大野選果場を一新 岐阜県大野町

柿などの生産振興に向け大野選果場を一新 岐阜県大野町

岐阜県内有数の柿の生産地として知られる揖斐郡大野町で、施設の老朽化により改修工事...
設備が一新された大野選果場=20日午前10時、大野町相羽

 岐阜県内有数の柿の生産地として知られる揖斐郡大野町で、施設の老朽化により改修工事が進められていた果実共同選果場が設備を一新して完成し、20日竣工式が行われました。

 果実共同選果場は1969年に設立されて以来、大野町で生産される柿の一大出荷拠点となっていて、2021年8月から老朽化した設備を一新するため、いび川農業協同組合が改修工事を行っていました。

 今回の整備で自動の箱詰め機や糖度センサーなど最新の選果機が導入されたことにより、労働力の削減や品質の向上が期待されます。

※いび川農業協同組合 堀尾茂之代表理事組合長
 「果実の選果場として、柿だけでなくトマトだとか梨だとか色々なものをこれから活用していきたいと考えています」

関連記事