ニュース

  • ニュース一覧
  • 手続き簡素化へ 新サービス提供開始 大垣共立銀行

手続き簡素化へ 新サービス提供開始 大垣共立銀行

顧客の利便性向上や待ち時間の短縮につなげようと、大垣共立銀行で16日から、窓口で...
新たに導入されたセミセルフ端末=16日午後2時半、揖斐郡揖斐川町、OKB大垣共立銀 行揖斐支店

 顧客の利便性向上や待ち時間の短縮につなげようと、大垣共立銀行で16日から、窓口での手続きを簡素化する新たな取り組みが始まりました。

 揖斐川町の大垣共立銀行揖斐支店に導入されたのは、セミセルフ端末と呼ばれる新たなATMです。

 このATMでは現金の入出金や振込に加え、通常のATMではできない納税手続きなども可能で、伝票の記入や押印の手間なども省けます。

 来店客は職員の手助けを受けて端末を操作することで、時間の短縮につながるということです。

※利用者
 「分かりやすかったです。これは便利だなと思いました」

大垣共立銀行 林敬治常務取締役
 「お客様の来店ニーズというのはどんどん多様化しております/相談を行うお客様にはじっくりと、クイックな処理をするお客様には手早くということで業務の効率化にもつながっていくものだと考えております」

 大垣共立銀行は2022年の夏から、そのほかの店舗でも順次導入を進めていくとしています。

関連記事