ニュース

岐阜県議会正副議長が抱負語る

新しく就任した岐阜県議会の平岩正光議長と山本勝敏副議長が13日、岐阜放送本社を訪...
岐阜放送本社を訪れた平岩議長と山本副議長=13日午前10時、岐阜市橋本町、岐阜放送本社

 新しく就任した岐阜県議会の平岩正光議長と山本勝敏副議長が13日、岐阜放送本社を訪れ抱負を語りました。

 平岩議長は中津川市選挙区選出の66歳、山本副議長は多治見市選挙区選出の58歳。

 いずれも最大会派の県政自民クラブに所属していて、10日に開かれた臨時会でそれぞれ選出されました。

 岐阜放送の山本耕社長らと対談し、平岩議長は「アフターコロナのスタートと言える今だからこそ自然や文化、産業など岐阜県の強みをしっかり伸ばして発信していきたい」と、山本副議長は「議会の使命が果たされるよう東濃コンビで協力したい」と話しました。

※平岩正光議長
 「今いよいよ、いろいろな経済活動、日常活動を取り戻しつつあります。いわゆるウィズコロナ、アフターコロナそれぞれしっかりと取り組みながら岐阜県の魅力をさらにアップして皆さまの輝く日常を取り戻していけるよう一生懸命取り組んでまいりますのでご指導のほどよろしくお願い申し上げます」

※山本勝敏副議長
 「皆さんの声をしっかりと県政に届ける、そのために提案型の議会・提案型の活動ができるように平岩議長をしっかりとサポートしながら職務に取り組んでまいりたいと思います」

関連記事