ニュース

  • ニュース一覧
  • リニア事故現場で工事再開 中津川市の瀬戸トンネル

リニア事故現場で工事再開 中津川市の瀬戸トンネル

JR東海は13日、死傷事故が起きて工事を中断していた中津川市のリニア中央新幹線・...
工事が再開された瀬戸トンネル=13日午前8時、中津川市

 JR東海は13日、死傷事故が起きて工事を中断していた中津川市のリニア中央新幹線・瀬戸トンネルで工事を再開しました。

 この事故は2021年10月、中津川市で建設中の瀬戸トンネルで掘削作業の際に落ちてきた岩の下敷きになるなどして作業員2人が死傷したものです。

 JR東海は工事への積極的な関与などを求めた知事意見書を踏まえて環境保全計画書を変更しました。

 更新をめぐっては地元住民を対象に開いた説明会で更新内容への理解と工事再開の了承が得られたとしています。

 工事は13日午前8時ごろに再開され、JR東海の社員が現場に立ち合い作業が安全に行われているか確認しているということです。

 JR東海は「知事意見書に対する回答の内容を確実に実施するなど安全に留意し労働災害防止に積極的に取り組んでいく」としています。

 県内のリニアのトンネル工事が全て再開されたことを受け、県の古田肇知事は「工事の安全確保を大前提に住民の不安や懸念を払しょくし、課題には丁寧に対応しながら着実な整備を目指してもらいたい」とコメントしました。

関連記事