ニュース

初夏の訪れ告げる鮎の初競り 岐阜市

初夏の訪れを告げる鮎の初競りが12日、岐阜市の中央卸売市場で行われました。 鮎の...
鮎の初競り=12日午前6時、岐阜市茜部新所、岐阜市中央卸売市場

 初夏の訪れを告げる鮎の初競りが12日、岐阜市の中央卸売市場で行われました。

 鮎の初競りは毎年、鮎漁の解禁に合わせて行われます。

 岐阜市の中央卸売市場には捕れたばかりの新鮮な鮎が並び、仲卸業者や買受人らの威勢のよい掛け声とともに次々と鮎が競り落とされていきました。

 入荷量は20キロと例年に比べて少ないものの、鮎は大きいもので16センチと発育状態は良好で最高値は1キロ5万円となりました。

※最高値で競り落とした内藤彰俊さん
 「(初物は)きれいだなというところと、形もよくそろっているので、これから川の状態がよくなることを期待しています。どうしても欲しかったので、値段のことはどうしようもないというか、いくらでも出すよという気持ち」

 競り落とされた鮎は、県内の小売店や料理店などに出荷されるということです。

関連記事