ニュース

大垣ミナモ、高崎に1安打完封負け

 女子ソフトボールのJDリーグ第5節の7日、大垣ミナモは東京・大田スタジアムで東地区首位のビックカメラ高崎と対戦し、0対2で惜敗しました。

 試合は、ビックカメラ高崎の濱村ゆかり、大垣ミナモのエレン・ロバーツの両先発が立ち上がりから好投を見せ、緊迫した投手戦となりました。互いに6回まで両チーム無得点で迎えた7回表にエレン・ロバーツが二死2塁でビックカメラ高崎の2番松本怜奈に2ランホームランを打たれ土壇場で2点をリードされました。最終回大垣ミナモは7回裏も濱村に3者凡退に抑えられ、完封負けを喫しました。高崎先発の濱村は1安打完封で今季6勝目。敗れた大垣ミナモは、好投のエレンを打線が援護できず、3連敗です。

ビック高崎0000002|2
大垣ミナモ0000000|0

 ビックカメラ高崎が接戦を制して7連勝を飾り8勝2敗として、東地区首位をキープしました。大垣ミナモは3勝6敗で東地区7位となりました。

 大垣ミナモの次節は14日、宇津木スタジアムで太陽誘電と対戦します。

関連記事