ニュース

  • ニュース一覧
  • 「岐阜和傘」伝統的工芸品指定を受け 岐阜和傘協会が岐阜市長表敬

「岐阜和傘」伝統的工芸品指定を受け 岐阜和傘協会が岐阜市長表敬

2022年3月、「岐阜和傘」が国の伝統的工芸品に指定されたことを受け、6日関係者...
「岐阜和傘」の関係者らが市長を表敬訪問=6日午後、岐阜市役所

   2022年3月、「岐阜和傘」が国の伝統的工芸品に指定されたことを受け、6日関係者らが柴橋正直岐阜市長を訪問し、今後の取り組みなどについて報告しました。

 市役所を訪れたのは、岐阜和傘協会の平野明宏代表理事や、傘骨見習職人の前田健吾さんら4人です。

 平野代表理事は「指定を受け嬉しい反面、責任の重さも感じている」と話し、前田さんは「先人たちが何百年とかけて磨き上げてきた技術を残していきたい」と力を込めました。

※岐阜和傘協会 平野明宏代表理事
 「これから我々が一生懸命、今まで以上に和傘づくりを頑張っていかなきゃならないという責任の重さを感じております」

※傘骨見習職人 前田 健吾さん
 「(和傘を)見た人が見た瞬間に『わ、きれいだな』と思うような骨を削っていけるような職人になりたいと思っています」

関連記事