ニュース

「ふるさと納税」勉強会 岐阜県高山市

コロナ禍で注目を集めるふるさと納税の勉強会が6日、高山市役所で行われ、事業者が返...
ふるさと納税について学ぶ事業者=6日午前、高山市花岡町、高山市役所

 コロナ禍で注目を集めるふるさと納税の勉強会が6日、高山市役所で行われ、事業者が返礼品の人気傾向や特産品のPR方法などを学びました。

 これは高山市が地場産品を使った魅力的な返礼品を充実させようと市内の事業者向けに開催したもので、約40人が参加しました。

 講師を務めたヒダカラの舩坂康祐社長は昨年度の高山市への寄付が22億円と前年度に比べて250パーセント増と高い人気を誇り、さらなる成長が期待出来ると説明しました。

 またヒダカラのスタッフが飛騨牛や家具が返礼品として人気を集めていることや出品準備から顧客対応に至るまでを詳しく紹介し、参加者が熱心に聞き入っていました。

 高山市は今年度のふるさと納税で30億円を目指すということです。

関連記事