ニュース

ことしも品質良好 「美濃いび茶」の初共販会

岐阜県内有数のブランド茶「美濃いび茶」の一番茶の共販会が30日、揖斐郡揖斐川町で...
一番茶の色や香りを吟味=4月30日午前、揖斐郡揖斐川町、JA全農岐阜美濃茶流通センター

 岐阜県内有数のブランド茶「美濃いび茶」の一番茶の共販会が30日、揖斐郡揖斐川町で開かれました。

 「美濃いび茶」は主に池田町や揖斐川町などで栽培されていて渋みや苦みが少ないのが特徴です。

 30日の一番茶の共販会では池田町などの生産者から30点、およそ908キロが出品され卸売業者らがお茶の葉を手に取り色や香りを確かめていきました。

 初共販会での1キロあたりの平均落札額は去年をやや下回る2千246円で、最高価格は8万円ちょうどでした。

 ※美濃いび茶共販委員長 河村三吉さん
 「非常に天候に恵まれ、今までにないようなお茶ができております。自分でお茶をつまんでいただいて、それを急須に入れて自分で出して飲んでいただくのが一番おいしいお茶が飲めると思う」

関連記事