ニュース

FC岐阜今季初の連敗で14位

 サッカーのJ3第7節、FC岐阜はカマタマーレ讃岐に1対2で敗れ、今シーズン初の連敗を喫し、順位(暫定)は14位となりました。

 FC岐阜は石津の今季初先発など前節からスタメンを3人入れ替え、立ち上がりから積極的に攻めてシュートを放ちますが、逆に前半17分に讃岐の松本に先制ゴールを許し、追う形の中、前半終了間際に初先発の石津のゴールで同点に追いつき、前半を1対1で折り返しました。

 後半に入っても山内寛史、窪田らが果敢にゴールを狙うものの決めきれず、後半24分にフレイレがレッドカードで退場となり、1人少ない10人で戦う中、後半41分に松本にこの試合2点目の勝ち越しゴールを決められ、1対2で敗れました。FC岐阜は今季初の連敗で成績は2勝1分3敗、勝点7のままで順位を14位に下げました。

 FC岐阜1(1-1、0-1)2カマタマーレ讃岐

 FC岐阜は次節(5月4日)、アウェイで藤枝MYFCと対戦します。

関連記事