ニュース

  • ニュース一覧
  • 開通に向け除雪進む 岐阜県高山市の「乗鞍スカイライン」

開通に向け除雪進む 岐阜県高山市の「乗鞍スカイライン」

北アルプス・乗鞍岳を走る山岳道路「乗鞍スカイライン」では、5月の開通に向け除雪作...
乗鞍スカイライン=25日、午前10時、高山市丹生川町

 北アルプス・乗鞍岳を走る山岳道路「乗鞍スカイライン」では、5月の開通に向け除雪作業が進められています。

 乗鞍スカイラインは高山市丹生川町久手の平湯峠と畳平を結ぶ全長14.4キロの山岳道路です。

 2022年の除雪作業は、4月12日から夫婦松駐車場付近から始まり、25日は標高2600メートル付近で作業が行われました。

 今シーズンは、降雪が多かったもののほぼ平年並みの積雪で、雪の高さは、四ッ岳S字カーブで約6メートルでした。

 作業は、除雪車7台で行われエンジン音を山に響かせながら降り積もった雪を豪快に吹き上げて作業を進めていきました。

 乗鞍自動車利用適正化協議会によりますと、5月5日までに除雪を終え、乗鞍スカイラインは5月15日に開通予定ということです。

関連記事