ニュース

ぎふ清流ハーフマラソン3年ぶりに開催

第11回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは24日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター...
スタートする選手たち
4月24日午前8時40分、岐阜市長良福光、岐阜メモリアルセンター長良川競技場北

 第11回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソンは24日、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場を発着点に行われ、約8000人のランナーが小雨の中、健脚を競いました。

 新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの通常開催となった今大会には、招待選手のほか一般ランナー計約8000人が参加しました。

 午前8時40分、古田肇知事の号砲を合図に大会長の高橋尚子さんらの声援を受け、4つのカテゴリーごとに順にスタートしていきました。

 レースは男子はケニア勢が引っ張る形で進み、アレクサンダー・ムティソが大会新記録の59分56秒で終盤の激しい優勝争いを制し、第7回大会以来2度目の優勝を飾りました。日本人選手では中村高洋が、10位に入ったのが最高でした。

 一方、女子はケニアの20歳、オマレ・ドルフィンニャボケが1時間8分13秒で初優勝、山口遥が1時間9分50秒で3位に入りました。

関連記事