ニュース

  • ニュース一覧
  • 米の品質保つ低温倉庫完成 JA全農岐阜が建設 岐阜県海津市

米の品質保つ低温倉庫完成 JA全農岐阜が建設 岐阜県海津市

岐阜県内で収穫された米の品質を保つJA全農岐阜の低温倉庫が海津市平田町に完成し、...
完成した倉庫=21日午前、海津市平田町、JA全農 ぎふの米 Xross Depo

 岐阜県内で収穫された米の品質を保つJA全農岐阜の低温倉庫が海津市平田町に完成し、21日竣工式が行われました。

 完成したのは「JA全農 ぎふの米 Xross(クロス) Depo(デポ)」です。

 低温倉庫は鉄骨造りの2棟で、延べ床面積約2800平方メートル。

 県内の倉庫は老朽化していて流通の合理化などを図るため、事業費約4億6千万円をかけて建設されました。

 21日は、関係者約30人が出席して神事が行われ、テープカットをして完成を祝いました。

 JA全農岐阜運営委員会の山内清久会長は「交通アクセスの良さを生かし、安定した品質の米を消費者へ供給したい」とあいさつしました。

 「JA全農 ぎふの米 XrossDepo」は約5000トンの米を収容することができ、年間約1万トンを取り扱うということです。

関連記事