ニュース

  • ニュース一覧
  • 最大142日経過 期限切れワクチン29人に接種 岐阜市の医療機関

最大142日経過 期限切れワクチン29人に接種 岐阜市の医療機関

岐阜市の医療機関で、使用期限を最大142日過ぎた新型コロナワクチンが市内外に住む...

 岐阜市の医療機関で、使用期限を最大142日過ぎた新型コロナワクチンが市内外に住む29人に接種されていたことが分かりました。

 岐阜市によりますと去年9月から10月にかけて、市内の医療機関で10代から90代の男女29人がファイザー社製のワクチンを接種しました。

 しかし、ことしに入り市が追加接種のための接種履歴を確認したところ、ワクチンの使用期限が切れていたことに気づき、中には最大で142日過ぎたケースもあったということです。

 ワクチンは冷蔵で保管する場合、使用期限は1か月ですが、医療機関は冷凍保管での使用期限9か月と勘違いしていたということです。

 接種した23人の健康被害は今のところ確認されておらず、市は抗体検査を実施して希望者には再接種を行うとともに、この医療機関との接種の委託契約を解除するとしています。

関連記事