ニュース

  • ニュース一覧
  • 高校生がネットの危険性学ぶ 県警が講義 岐阜県揖斐川町

高校生がネットの危険性学ぶ 県警が講義 岐阜県揖斐川町

インターネットの安全な使い方を学ぶ情報モラルについての講義が21日揖斐高校で行わ...
県警が作成したアニメーション=21日、揖斐郡揖斐川町三輪、揖斐高校

 インターネットの安全な使い方を学ぶ情報モラルについての講義が21日揖斐高校で行われ、生徒がネットとの正しい向き合い方について考えました。

 この講義は、詐欺やアカウントの乗っ取りなどネット上での犯罪が増加する中、高校生に情報モラルに対する意識を高めてもらおうと県警が開いたものです。

 講義には全校生徒がオンラインで参加し、県警少年課の小野卓也さんが、県警が作成したアニメを使ってSNSやオンラインゲームなどのトラブルについて、具体例をあげながら説明しました。

 小野さんは「SNSとどう付き合うかが大切」とした上で「クリック一つで世界中どこへでも行けるが、その先は天国でも地獄でもある。正しい選択、判断を」と呼びかけました。

※女子生徒
 「ささいなことですごい誹謗中傷があったり、悪口とかひどいと思うので、自分が使う時も言葉づかいに気をつけてやっていきたいなと思いました」

※男子生徒
 「いつも利用しているSNSで、あまり投稿する内容などを考えずに投稿することもかなり多いので、内容を受け取る側のことも考えて誤解を生まないようなコメント、書き込みを心掛けるようにしていきたいと感じました」

関連記事