ニュース

  • ニュース一覧
  • 花き生産者の育成拠点「花と緑の振興センター」が開所 岐阜市

花き生産者の育成拠点「花と緑の振興センター」が開所 岐阜市

岐阜県は花の生産者を育成する「清流の国ぎふ花と緑の振興センター」を岐阜市に設置し...
看板前に立つ古田岐阜県知事ら=20日午後、岐阜市又丸、県農業技術センター

 岐阜県は花の生産者を育成する「清流の国ぎふ花と緑の振興センター」を岐阜市に設置し、20日開所式が行われました。

 清流の国ぎふ花と緑の振興センターは県農業技術センター内に設置され、古田肇知事や県森林文化アカデミーの涌井史郎学長ら関係者が、県産ヒノキでできた看板を掲げました。

 振興センターは企業や大学と連携して経営感覚に優れた花き生産者を育成する研修などを行う拠点で、今年度は20人の希望者を対象とする予定です。

 古田知事は「コロナ禍で花の需要が落ち込んでいるがこうした時だからこそ花ならではの癒やしを届けられるよう生産者の育成と花き産業の振興に力を入れたい」と狙いを述べました。

 県産の花きの売り上げは2003年の98億円をピークに減少傾向で、新型コロナの影響を受けたおととしは47億円にとどまっています。

関連記事