ニュース

  • ニュース一覧
  • はじけるような実と甘さ「岐阜えだまめ」の出荷始まる 岐阜市

はじけるような実と甘さ「岐阜えだまめ」の出荷始まる 岐阜市

岐阜市特産の「岐阜えだまめ」の出荷が、20日始まりました。 「岐阜えだまめ」は、...
収穫されたばかりの枝豆=20日午後、岐阜市曽我屋、JAぎふ曽我屋枝豆選果場

 岐阜市特産の「岐阜えだまめ」の出荷が、20日始まりました。

 「岐阜えだまめ」は、はじけるような大粒の実と甘さが特長で、岐阜市内166戸の生産者が約100ヘクタールで栽培しています。

 20日は、岐阜市のJAぎふ曽我屋枝豆選果場に約60キロの枝豆が持ち込まれ、職員が傷や大きさ、形を確認し袋に詰めていきました。

 また出荷されたばかりの新鮮な枝豆が選果場横の自動販売機に並べられました。

※JAぎふ えだまめ部会 市川雅己会長
 「ことしは私たちが目標としている枝豆に仕上がったかなと思います。ぜひ塩ゆでで食べてください」

 JAぎふえだまめ部会によりますと、11月までに計800トンの出荷を見込んでいるということです。

関連記事