ニュース

  • ニュース一覧
  • 火災が起きやすいシーズンに合わせ山火事を想定した訓練 岐阜県飛騨市

火災が起きやすいシーズンに合わせ山火事を想定した訓練 岐阜県飛騨市

空気が乾燥して火災が起きやすいシーズンに合わせ飛騨市消防本部神岡消防署と地元消防...
山火事想定で訓練=17日午前9時 飛騨市神岡町、吉田ホタルの里公園付近

 空気が乾燥して火災が起きやすいシーズンに合わせ飛騨市消防本部神岡消防署と地元消防団は17日、林野火災に対応する訓練を行い、器材の取り扱いや消火手順を確認しました。

 訓練は、飛騨市神岡町吉田の休耕田付近の山林から「白い煙と炎が見える」と住民からの通報があった想定で行われました。

 神岡消防署と地元消防団の計63人が参加し、ポンプ車で川からくみ上げた水をホースで140メートルほど先に設置した水槽まで運び散水装置を使って念入りに放水しました。

 続いて「ジェットシューター」と呼ばれる背負式の水嚢に水を入れ残り火を処理する訓練も行われました。

※飛騨市消防団神岡方面隊 神田克彦隊長
 「空気が乾燥してきました。山菜取りの方はタバコの火の不始末に十分に気を付けてください」

※飛騨市消防団神岡方面隊本部 岩垣章子部長
 「これからバーベキューシーズンを迎えますが、火の後始末に注意してバーベキューを楽しんでください」

関連記事