ニュース

  • ニュース一覧
  • 3年ぶりの通常開催 春の高山祭静かに開幕 岐阜県高山市

3年ぶりの通常開催 春の高山祭静かに開幕 岐阜県高山市

3年ぶりに通常通りの開催となった「春の高山祭」が14日、高山市で開幕しました。 ...
からくりが奉納される石橋台の蔵=14日午前、高山市上二之町

 3年ぶりに通常通りの開催となった「春の高山祭」が14日、高山市で開幕しました。

 新型コロナウイルスの影響でおととしは神事のみ、去年は大幅に規模を縮小していた春の高山祭はことし、伝統文化の継承を目的に3年ぶりに通常通りの開催となりました。

 あいにくの雨で、豪華絢爛な12台の屋台が並ぶ「屋台の曳き揃え」は中止となりました。

 からくりを奉納する3台の蔵では、大勢の観光客が見守るなか「からくり」が奉納され、このうち石橋台の蔵では美女が舞を舞い獅子へ変身する様子に観光客から歓声が上がっていました。

※観光客 
 「こういう伝統が長く続いてもらえると、日本人の誇りとして嬉しいです」

 なお、提灯を灯した屋台が中心部を巡る夜祭は、天候の影響で中止となりました。

 春の高山祭は15日も行われます。

関連記事