ニュース

  • ニュース一覧
  • 小学生が横断歩道の渡り方学ぶ 春の全国交通安全運動 岐阜市

小学生が横断歩道の渡り方学ぶ 春の全国交通安全運動 岐阜市

春の全国交通安全運動にあわせ、子どもたちが横断歩道の渡り方を学ぶ教室が12日、岐...

 春の全国交通安全運動にあわせ、子どもたちが横断歩道の渡り方を学ぶ教室が12日、岐阜市の小学校で開かれました。

 交通安全教室が開かれたのは芥見小学校です。

 子どもたちの安全のため、学校前の市道に新たな横断歩道が設けられたことから、12日は1、2年生計90人が岐阜中警察署の署員から渡り方を教わりました。

 児童は元気に手を挙げて車が走って来ないか「右、左、右」と道路をよく見て渡っていました。

※児童
 「車の人が止まってくれたので私も安心しました。車の人の顔をよく見て横断歩道を渡ろうと思いました」

※岐阜中警察署交通第一課 三宅勇生課長
 「新年度は通学通勤で不慣れな方も多く交通事故が大変多発しています。車のドライバーの皆さん、歩行者の皆さん、それぞれが交通ルールを守っていただいて交通安全をしっかりと進めていただければと思います」

関連記事