ニュース

大垣ミナモ新リーグ白星スタート

 先月28日にトヨタ対ビック戦で開幕した女子ソフトボールの「ニトリJDリーグ」は2日、全国4会場で本格的に新リーグがスタートし、大垣ミナモは戸田中央メディックス埼玉を4対1で下し、白星スタートを切りました。

 女子ソフトボールの新リーグJDリーグ=ジャパンダイヤモンドリーグは従来の日本リーグ1部、2部の16チームが東西8チームずつに分かれ優勝を争います。

 東地区に入る大垣ミナモは初戦の2日、午前11時から群馬県高崎市の宇津木スタジアムで戸田中央メディックス埼玉と対戦しました。この試合、大垣ミナモは新加入のシエラ・ハイランド、戸田中央はジョーダン・テイラーの先発で始まりました。

 先制したのは大垣ミナモで3回表に2アウト満塁のチャンスで、5番田立がレフトに満塁ホームランを放ち4点をリードしました。5回裏に1点を返されたものの、そのままハイランドが完投し、4対1で新リーグ、白星スタートを切りました。この試合のMWP=モースト・ワオ・プレイヤーには満塁ホームランの田立が選ばれました。

大垣ミナモ 0040000|4
戸田中央  0000100|1

 大垣ミナモは第1節2日目の3日、ホンダと対戦します。

関連記事