ニュース

  • ニュース一覧
  • 地域活性化に取り組むまちづくり会社「カンダまちおこし」開業 岐阜市

地域活性化に取り組むまちづくり会社「カンダまちおこし」開業 岐阜市

観光支援などを通じて地域活性化に取り組むまちづくり会社「カンダまちおこし」が開業...

 観光支援などを通じて地域活性化に取り組むまちづくり会社「カンダまちおこし」が開業し、1日岐阜市で記念の式典が行われました。

 地域の経済活動を支援し県内の活性化を目指す「カンダまちおこし」は、十六フィナンシャルグループの子会社です。

 社名は岐阜の商業地の中心「神田町」という小さな出発点から経済を起こし、地域創生に貢献したいという思いが込められています。

 金融面だけではなく、独自のネットワークを生かしたコンサルティングにも取り組みます。

 開業記念式典で田代達生社長は「地域の豊かさと成長の実現に取り組んでいきたい」と、地域貢献への意気込みを語りました。

 また、岐阜市の柴橋正直市長や十六フィナンシャルグループの村瀬幸雄会長らも出席し、「よいしょ」の掛け声で鏡開きを行い、開業を祝いました。

※田代達生社長
 地域にいる商社やプレーヤーの方々がもっと稼げるようなしくみを作るということにフォーカスしたいと感じている。

関連記事