ニュース

  • ニュース一覧
  • 同僚殺害の男 初公判で起訴内容を一部否認 岐阜地裁 

同僚殺害の男 初公判で起訴内容を一部否認 岐阜地裁 

7月、各務原市のグラウンドの側溝で同僚の男性を殺害した罪に問われた男の裁判員裁判...

 7月、各務原市のグラウンドの側溝で同僚の男性を殺害した罪に問われた男の裁判員裁判の初公判が14日、岐阜地裁で開かれ、男は起訴内容を一部否認しました。

 起訴状などによりますとこの事件は2020年7月、各務原市内のグラウンドで,同僚の松岡幸寛さん当時32歳に暴行を加えグラウンド内の側溝で溺死させ殺害したとして各務原市の元トラック運転手浅野善彦被告(57)が殺人の罪に問われたものです。

 浅野被告は松岡さんの首をロープのようなもので絞め、ナイフで左首を突き刺し雨水がたまった側溝に突き落として溺死させたとしています。

 14日岐阜地裁で開かれた初公判で浅野被告は「左首を刺したことは違います」と述べ起訴内容を一部否認しました。

 弁護側は「被告は事件現場での松岡さんの思いがけない発言に突発的な殺意を持ち犯行に至った。

 事件当日はナイフを持っていないし使ってもいない」と犯行に計画性はないと主張しました。

 一方、検察側は「被告は松岡さんに借金をしていた。

 事件前日にはナイフを準備し、携帯電話やドライブレコーダーを家に置いてくるよう指示していた」と犯行に計画性があることを主張しました。

 今後の裁判で結審をし、判決は3月24日に言い渡されます。

関連記事