ニュース

  • ニュース一覧
  • 東日本大震災から11年「平和への絆」の鉦 打ち鳴らす 岐阜県高山市

東日本大震災から11年「平和への絆」の鉦 打ち鳴らす 岐阜県高山市

約2万2000人が犠牲となった東日本大震災は11日、発生の日から11年となりまし...

 約2万2000人が犠牲となった東日本大震災は11日、発生の日から11年となりました。

 高山市役所では犠牲者へ哀悼の意を表して「平和への絆」の鉦を打ち鳴らし、市民が祈りを捧げました。
      
 高山市では、震災の記憶の風化を防ぐとともに、亡くなった人たちに哀悼の意を表すため、毎年発生時刻の午後2時46分に、市役所正面玄関前に設置された「平和への絆」の鉦を打ち鳴らして黙とうを捧げています。

 11日は市職員や地元住民など約80人が参列し防災無線のサイレンが鳴るなか國島芳明市長が「平和への絆」の鉦を打ち鳴らし犠牲者に黙とうを捧げました。

※福島の病院に勤務していた看護師
 「病院の仲間とかドクターとか、患者さんたち、住民の方たちに、本当に頑張ってという思いで打たせて頂きました」

 また、市内のお寺など46ヶ所でも平和へのメッセージが読み上げられたあと一斉に鉦を打ち鳴らし、響き渡る鉦の音とともに犠牲者に思いを寄せました。

関連記事