ニュース

  • ニュース一覧
  • 岩本選手(岐阜県飛騨市出身)予選突破ならず 北京パラリンピック

岩本選手(岐阜県飛騨市出身)予選突破ならず 北京パラリンピック

 北京パラリンピック大会6日目の9日、飛騨神岡高校出身でノルディックスキー男子の岩本啓吾選手は今大会2種目目となる男子スプリント・フリーの立って滑るクラスに出場しましたが、予選突破はなりませんでした。

 岩本は予選25人中22位で準決勝に駒を進めることはできませんでした。

 岩本は「苦手な走法、苦手な雪質だったが、今の力は出せた。平昌大会と比べて自分なりの走りは出来ている」と話しました。

 岩本は大会4日目の7日、男子20キロクラシカルに出場し13位で、この後は大会9日目、12日の10キロフリーの立って滑るクラスに出場します。

関連記事