ニュース

  • ニュース一覧
  • 東海3県知事「年度替わり」前に移動自粛呼びかけ

東海3県知事「年度替わり」前に移動自粛呼びかけ

6日が期限だった新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」再延長への対応が割れた東...

 6日が期限だった新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」再延長への対応が割れた東海3県知事が、7日テレビ会議を開き、「年度替わり」となる時期を迎え県境をまたぐ移動の自粛などを呼びかける共同メッセージを発表しました。

 岐阜・愛知では「まん延防止等重点措置」が3月21日まで再延長となった一方、三重県は再延長せず、飲食店への時短要請を終了する代わりに独自の宣言を出して感染対策の徹底を訴えています。  

 7日県庁で開かれたテレビ会議では、3県それぞれの感染状況や対策などが報告され、いずれもピークアウトの兆しは見られるものの、引き続き十分な警戒が必要という認識で一致しました。

 そして人の流れが活発化する「年度替わり」の時期を迎えるにあたり、卒業旅行など不要不急の県をまたぐ移動、花見や歓送迎会を控えるよう呼びかける共同メッセージが発表されました。

※古田肇知事
 「一昨年も去年も年度末の対応が次の大きな波につながった。今度こそ、まずは今の波(第6波)を抑え込みながら、年度末のさまざまな行事等がリバウンドにつながらないようしっかりやっていきたい」

関連記事