ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜聖徳学園大、近藤監督就任後初の対外試合 「良い勉強になった」

岐阜聖徳学園大、近藤監督就任後初の対外試合 「良い勉強になった」

東海地区大学野球連盟岐阜リーグの岐阜聖徳学園大学は2月26日、西濃運輸グラウンド...

 東海地区大学野球連盟岐阜リーグの岐阜聖徳学園大学は2月26日、西濃運輸グラウンドで社会人の西濃運輸と今シーズン初めての対外試合に臨みました。2月に就任した元プロ野球中日の近藤真市監督率いるチームの初陣となった一戦を、ぎふチャンラジオ番組「吉村功のスポーツオブドリーム」の吉村キャスターが取材しました。

 岐聖大の近藤監督は、2月3日にチームに合流し指導にあたっています。西濃運輸との対戦を前に、結果ではなく、社会人選手のプレーからさまざまなことを学んでほしいと話していました。

 ※岐阜聖徳学園大学 近藤真市監督
「楽しみもありますけれど、監督として初めての采配。きょうはほぼサインは出さないですね。なかなか実戦も出来なかったので、選手の動きをしっかり見て、課題を見つけてほしいと思っています。キャンプも出来なかったということもありますし、(新型コロナウイルスの)まん延防止措置の期間中で、限られた短時間の中での練習。実戦がまだ出来ていない状況ですが、そこで出来る限りのサインは出しますが、今はまず慣れてもらうことが大事かなと思っています。なかなか社会人のチームと(試合を)経験できることはないと思うので、社会人選手の必死のプレーをどう感じるかというのは学生にとって、良い勉強になると思います」

 新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置が出されていて、岐阜聖徳学園大の練習は平日4日間、しかも2時間に限られてきました。

 ※岐聖大 岡崎純一コーチ
「ゲームになれば良いなと思っています。新型コロナの影響で、土日はなしで平日は2時間しか練習ができないので、それと雪がよく降りましたよね、その影響でグラウンドがなかなか使えませんでした。少しでも糧になるような課題を見つけられるゲームになるといいですね」

 一方の西濃運輸は和歌山県でのキャンプを終え、オープン戦も始まっています。都市対抗と日本選手権の社会人二大大会を制し、「年間チャンピオン」になることを目標に掲げています。

 ※西濃運輸 佐伯尚治監督
「まだ2試合目なので、選手はこれから仕上がっていきます。近藤監督はプロ野球のスカウトの時に、僕はコーチだったんですけれど、お互い顔は知っていました。きょうは自分たちの野球をやるだけなので、相手関係なくしっかりやりたいと思います」

 試合は、2回に西濃運輸が3点を先制。さらに4回には2ランホームランで追加点を奪い、岐聖大は1対8で敗れました。サインは出さないと言っていた近藤監督ですが、大量リードを許した7回にはランナー2人を出した場面で、林投手から中北投手へと代えました。

 ※岐聖大 近藤監督
「中北のまっすぐがどれだけ通用するのかと思って代えました。本当はもっと動かしたかったけど、きょうはまず自分たちでバッティングをし、自分たちで考えてどう動くかが課題だった。ポジショニングなどもほぼ指示していません。次はサインを出して、いろいろ動かしていきます」

 近藤監督は就任時に守りの重要性を強調しましたが、この日の岐聖大は外野手の後逸や送球の乱れ、それにバッテリーミスで崩れるなど課題があらわとなりました。

 ※岐聖大 近藤監督
「本当になかなかこういう(社会人との試合といった)機会がないと思うので、僕も選手も良い勉強になったと思う。基本がしっかり出来ないと駄目。きょうは負けましたが、負けるのは悔しい。やはり勝ちたいですし全国大会に行きたい。そういう気持ちでもう1回やろうと、選手に言いました。ただ、思ったより投手陣も良いところが出ているし、取り組んでいるところが出ている選手もいた。これからの課題も見つかったと思う」

 ※岐聖大 岡崎コーチ
「格上のチームと対戦するということは、必死になってアウトを取らないといけないし、1点でも積み重ねていかなければいけない。その気持ちの部分も大事だという話を選手にしました」

 リーグ戦開幕まであと約1か月。主将の反頭樹騎也選手は、こう意気込みます。

 ※岐聖大 反頭樹騎也主将
「レベルの高いチームと対戦させていただき課題が見つかった、どう取り組んでいけば良いかということが明確になった。実戦は初めてだったので、慣れていくしかない。連携がしっかり取れていなかったので、そこもしっかり練習したいです。近藤監督の雰囲気もすごく良いですし、選手は伸び伸びやらせてもらっているので、良い練習ができています」

 西濃運輸を21年にわたって率いた前の監督の林教雄さんは、岐阜の大学野球のレベルアップにも期待を寄せています。

 ※西濃運輸 林教雄前監督
「(西濃運輸は)今シーズン2試合目。地元では初めての試合で、どう仕上がっているのかなと思っていましたが、思った以上に良く仕上がっていた。昔からの元気の良いキビキビした良い野球をやってくれていると思います。非常に佐伯色が出て良いんじゃないですか。岐阜聖徳学園は、近藤監督が就任されて選手の眼の色が違ってきた。試合はこういう結果になったけれど、良い方向に変化しているなと思っています。これで、岐阜の大学のリーグもレベルアップすると思いますので、われわれもともにレベルアップしていきたいと思います」

関連記事