ニュース

  • ニュース一覧
  • 村瀬心椛選手「4年後はてっぺんを目指す」 古田岐阜県知事らに喜びを報告

村瀬心椛選手「4年後はてっぺんを目指す」 古田岐阜県知事らに喜びを報告

北京オリンピックスノーボード女子ビッグエアで銅メダルを獲得した村瀬心椛選手が1日...

 北京オリンピックスノーボード女子ビッグエアで銅メダルを獲得した村瀬心椛選手が1日、岐阜県庁や岐阜市役所を訪れ喜びを報告しました。

 県庁では古田肇知事が村瀬選手の活躍をたたえて清流の国ぎふ栄誉賞の表彰状を手渡し「岐阜県民あげての喜び。まずはリラックスして次に挑戦してほしい」と激励しました。

 大会では家族との電話や友人からのメッセージが心の支えになったという村瀬選手。

 「初出場でメダルを獲得でき、うれしいが3位では納得できていない」と今後の抱負を語りました。

※村瀬心椛選手
 「岐阜の皆さん、全国の皆さん、いつも応援ありがとうございます。皆さんの応援のおかげで、ワールドカップや北京オリンピックで成績を残せたと思っています。これからもワールドカップや4年後のミラノオリンピックに向けてたくさんケガなく練習していきますので応援よろしくお願いします」

 その後、岐阜市役所を訪れた村瀬選手は柴橋正直市長や職員らに拍手で出迎えられました。

 村瀬選手は柴橋市長に大会の結果を報告し、「4年後はてっぺんを目指す」と意気込みを語りました。

 柴橋市長は「挑戦している姿に刺激をもらった。次は姉妹での活躍を楽しみにしている」と期待を寄せました。

 また岐阜新聞社ではスポーツ賞の贈呈式が行われました。

 村瀬選手は、岐阜新聞社の杉山幹夫最高顧問からブロンズ像を、矢島薫社長から賞状を受け取りました。

 杉山最高顧問から「今度は金だね」と言われると、笑顔を見せていました。

関連記事