ニュース

トヨタ全工場停止 岐阜県内の企業にも影響

トヨタ自動車の取引先である部品メーカーがサイバー攻撃を受けた影響でトヨタ自動車は...

 トヨタ自動車の取引先である部品メーカーがサイバー攻撃を受けた影響でトヨタ自動車は1日、各務原市のトヨタ系車体メーカー、岐阜車体工業を含む国内すべての工場で稼働を停止しました。

 サイバー攻撃を受けたのは樹脂部品などを手掛ける愛知県豊田市の小島プレス工業で、身代金要求型の不正プログラム「ランサムウエア」が使われた可能性があるということです。

 この影響でトヨタは各務原市にある岐阜車体工業の本社工場を含む、国内14すべての工場で稼働を停止しました。

 岐阜車体工業によりますと、1日は「ハイエース」と「コースター」の2つの生産ラインを停止し、かわりに設備点検などを行ったということです。

 トヨタは2日、すべての工場で稼働を再開すると発表しています。

関連記事