ニュース

JDリーグ開幕を前に大垣ミナモが交流イベント

女子ソフトボール新リーグのJDリーグで戦う大垣ミナモソフトボールクラブの交流イベ...

 女子ソフトボール新リーグのJDリーグで戦う大垣ミナモソフトボールクラブの交流イベントが27日、大垣市で開かれました。

 この交流イベントは「大垣ミナモソフトボールクラブを育てる会」が地域に愛されるチームを目指してもらおうと毎年開いているものです。

 今年は去年に引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止のためYouTubeでの生配信となり、会場の大垣フォーラムホテルにはチームのメンバーの他、育てる会の会員ら約50人が参加しました。

 イベントでは選手が所属企業別に自己紹介をしたあと、トークイベントが行われ、ファンを楽しませました。イベントの最後には須藤主将と望月監督が今シーズンの意気込みを語りました。

 ※須藤麻里子主将
「ミナモに携わるすべての方々を愛し、愛されるチームであるよう、今年一年も愛を持って頑張っていきます」

 ※望月孝雄監督
「(JDリーグは)強豪チーム揃いではありますが、若い選手たちがチャレンジ精神をもち、経験を積みながら諦めず最後まで頑張っていきたいと思いますので応援よろしくお願いします」

 大垣ミナモのJDリーグ初戦は4月2日で、群馬県の宇津木スタジアムで戸田中央総合病院メディックスと対戦します。

関連記事