ニュース

  • ニュース一覧
  • 保健所も対応に苦心 岐阜県内の新規感染者高止まり続く

保健所も対応に苦心 岐阜県内の新規感染者高止まり続く

新型コロナウイルス感染の第6波で岐阜県内での新規感染者数も高止まりの状況が続いて...

 新型コロナウイルス感染の第6波で岐阜県内での新規感染者数も高止まりの状況が続いています。

 そんな中、保健所でも人員の数を増やすなどして感染者への対応に当たっています。その様子を報道陣に公開しました。

 岐阜市をのぞく岐阜圏域5市3町を管轄する岐阜保健所では、入院先が決まらない自宅待機者に対し、職員らが電話で健康状態を確認したり行動歴を調べたりして対応にあたっています。

 これまで感染の波が来るごとに業務がひっ迫していた課題を踏まえ、第6波では早い段階から応援を呼び人員を倍増したほか、業務を分業化するなどして対策を強化してきました。

 一方、感染者数の高止まりが続き陽性者の入院調整に関しては厳しい現状を口にします。

※岐阜保健所 健康増進課 野々垣 直美 感染症対策係長
「今まででしたら入院ができる状況でしたが、なかなか入院も困難な状況です。病状を丁寧に聞き取りまして、専門的な保健師の方とかみんなで丁寧に対応しているところです」

関連記事