ニュース

  • ニュース一覧
  • 巧妙化するニセ電話詐欺の手口  岐阜県警が犯人の音声データ公開

巧妙化するニセ電話詐欺の手口  岐阜県警が犯人の音声データ公開

テレビや新聞で連日報道されるニセ電話詐欺。「私だけは大丈夫」と思っている方、多い...

 テレビや新聞で連日報道されるニセ電話詐欺。「私だけは大丈夫」と思っている方、多いのではないでしょうか。

 しかし、警戒していながらも、犯人の巧妙な話術でだまされていたケースが発生しています。

 驚くべき最新の手口とは。

 岐阜県警が犯行グループの実際の音声を公開しました。

※男 
 「もしもし」 

※被害者 
 「はい」

※男
 「あ、えー、私、○○○病院のですね、耳鼻咽喉科の山下と申しますが…」

 医師を名乗る男が、電話で被害女性の息子の喉に腫瘍ができたと伝えています。

 これは、実際に県内で起きたニセ電話詐欺の犯人の音声です。

 その直後、今度は息子を名乗る男から電話が…

 腫瘍で声が出ないと言い訳しつつ、「心配をかけたくないから誰にも相談しないでほしい」。

 女性はその言葉を信じてしまいました。

 男はさらに「財布と携帯を無くした」「きょう中に県に納めないといけない金がある」などと立て続けに電話をかけてきて、ついに家にいくら現金があるか聞いてきました。

※男 
 「大体でいいんだけど、家には今いくらくらいあるかな」

※被害者 
 「家にはない、あーんー、100万はある」

※男 
 「あ、家には100万ある?」

 間を置かず、こんどは救急車のサイレン音をバックに県庁の「タカハシ」を名乗る男から「息子さんが吐血し救急車で運ばれた」と電話が。

 搬送されているはずの息子を名乗る男が電話をかわり、「タカハシさんの息子がお金を取りにいく」と伝えました。

 ここで女性と同居する孫が詐欺だと気づき、女性は被害を免れました。

 県内では最近、こうした病気を理由にして複数の人物が登場するいわゆる「劇場型」のオレオレ詐欺が多発。  

 去年の被害額は前の年から増え、あわせて2億8000万円近くにのぼりました。

  実際に同様の手口で被害にあった別の女性は…    

※被害に遭った女性(64)
 「腹の中では笑っていたのかと思うとすごく悔しいですし、絶対に私は被害に遭わないと、思い込んでいた自分が甘かったなとつくづく感じています」

 警察は「電話でお金の話が出たら、まず詐欺だと疑ってほしい」としています。

関連記事