ニュース

  • ニュース一覧
  • 車のスピードを抑制する仕組み「ゾーン30プラス」設置 岐阜県内初

車のスピードを抑制する仕組み「ゾーン30プラス」設置 岐阜県内初

生活道路での歩行者の安全を守ろうと、通学路に障害物などを設置して、物理的に車のス...

 生活道路での歩行者の安全を守ろうと、通学路に障害物などを設置して、物理的に車のスピードを抑制する仕組み「ゾーン30プラス」が岐阜県内で初めて各務原市に整備されました。

 「ゾーン30プラス」は最高時速30キロの規制区域「ゾーン30」に加え、新たに車のスピードを抑制する障害物などを組み合わせた区域のことです。

 県内で初めて「ゾーン30プラス」が整備された各務原市の稲羽西小学校前の市道は、渋滞回避の抜け道にもなっていて、交通量が多いことから整備を求める声が上がっていました。

 対策として、小学校前の横断歩道には最大10センチの起伏が設けられ、警察官やボランティアが児童の登校を見守ったほか、ドライバーに安全運転を呼び掛けていました。

※稲羽西小学校 吉野 光浩 校長
 「とてもありがたいなと思っております。子どもたちにさらに安全に気を付けて登下校してもらえると良いかなと思っております」

※各務原警察署 小井戸 隆正 交通課長
 「まずは制限速度を守って車を通行していただくということ、そしてデバイスがありますので物理的な速度の抑制も期待したい。通学路の安全対策に寄与できればと思っております」

関連記事