ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県選出の古屋圭司衆議院議員と大野泰正参議院議員が新年の抱負語る 

岐阜県選出の古屋圭司衆議院議員と大野泰正参議院議員が新年の抱負語る 

岐阜県選出で自民党の古屋圭司衆議院議員と大野泰正参議院議員が7日、新年のあいさつ...

 岐阜県選出で自民党の古屋圭司衆議院議員と大野泰正参議院議員が7日、新年のあいさつで岐阜放送本社を訪れ抱負を語りました。

 岐阜放送の山本耕社長らと面談した古屋議員は、自らが本部長を務める党の憲法改正実現本部について、地方での対話集会を重ねる方針を示した上で「憲法改正について国民が主体的に参画する機会を設けたい」と話しました。

 また、コロナ禍の経験から緊急事態や危機管理を踏まえた条項を盛り込むべきとの認識を示しました。

※古屋圭司衆議院議員

 「新しい日常を名実ともにつくり上げていくその年にしたいと思う。私は実現する政治を公約にしているが国も地域も実現する政治を実践して、将来に対する責任をしっかり果たしていきたい」

 一方、大野議員はコロナ禍の中であらためて感じたこととして「命を守る政治」を挙げ、「ワクチンパスポートは必要なインフラ。コロナ対策を講じながら経済を活性化させることに力を注ぎたい」と話しました。

※大野泰正参院議員

 「皆様にとってもコロナの戦いがずいぶん長くなって本当にお疲れのことと思う。経口薬、ワクチン、しっかりと取り組むとともに経済もしっかり回して次の世代のみなさんにも安心して元気に頑張ってもらえるようにしていきたい」

関連記事