ニュース

  • ニュース一覧
  • 元日にかけて平野部でも積雪の見込み 交通への影響に警戒を

元日にかけて平野部でも積雪の見込み 交通への影響に警戒を

岐阜県は、岐阜・西濃の平野部で警報級の大雪となっている所があり、1月1日の元日に...

 岐阜県は、岐阜・西濃の平野部で警報級の大雪となっている所があり、1月1日の元日にかけても雪が続く見込みです。

 交通への影響に警戒が必要です。

 岐阜市では、30日夜から断続的に雪が降り最大で4センチ積もりました。

 ※街の人は
「静岡の浜松から来ました。寒いですね。でも岐阜って感じ、もともと岐阜なので。」
「神奈川から30日に帰ってきました。2年ぶりに帰るのでだいぶ大きくなった孫が見せられるのかなって」

 31日午後4時現在、白川村で1メートル17センチ、飛騨市河合で96センチ、飛騨市神岡で56センチの積雪が観測されています。

 強い寒気の影響で岐阜県は、元日にかけて山間部や岐阜・西濃の平野部を中心に雪が降り続く見込みです。

 1月1日午後6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで山間部で30センチ、美濃平野部で30センチ、飛騨平野部で15センチと予想されています。

 気象台は、大雪や積雪、それに路面の凍結による交通への影響に警戒するよう呼びかけています。

関連記事