ニュース

  • ニュース一覧
  • 中津川市のリニア工事事故 JR東海が再発防止策を発表

中津川市のリニア工事事故 JR東海が再発防止策を発表

 ことし10月、リニア中央新幹線の中津川市のトンネル工事で作業員2人が死傷した崩落事故について、JR東海は27日、事故の原因や再発防止策などをまとめた検証報告書を発表しました。

 この事故はことし10月27日、中津川市の「瀬戸トンネル」で岩石が崩れ落ちる「肌落ち」が発生し、作業員2人が死傷したものです。

 事故を受けJR東海は現在も瀬戸トンネルを含め、県内4つの工区で掘削工事を中断しています。

 報告書によりますと、事故当時、作業員が肌落ちしやすい「立ち入り禁止範囲」に作業主任者の指示なく立ち入っていたことや、監視が常時されていなかった実態があったということです。

 再発防止策として詳細な作業手順書を作成するほか、やむを得ず立ち入り禁止範囲で作業する場合は頭上に防護ネットを張ることなどを明確化しました。

 報告書はすでに県に届け出済みで、了承され次第、工事を再開する予定です。

関連記事