ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県27日夜遅くにかけ大雪に警戒(午後5時現在) 

岐阜県27日夜遅くにかけ大雪に警戒(午後5時現在) 

岐阜県では、強い冬型の気圧配置の影響で27日夜遅くにかけて、岐阜・西濃を中心に警...

 岐阜県では、強い冬型の気圧配置の影響で27日夜遅くにかけて、岐阜・西濃を中心に警報級の大雪となる見込みです。

 岐阜地方気象台は、大雪や積雪、路面の凍結による交通障害に警戒し、なだれなどに注意するよう呼びかけています。

 27日午後5時時点の積雪は、白川村で72センチ、飛騨市河合で67センチ、関ケ原で41センチ、岐阜で4センチなどとなっています。

 28日午後6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で、山間部では美濃地方 飛騨地方ともに50センチ、平野部では美濃地方で20センチ、飛騨地方で25センチと予想されています。

 県内の交通への影響です。

 JR東海道線は関ケ原と米原の間が上下線とも終日運転を見合わせています。

 名神高速道路は一宮インターと八日市インター間の上下線が通行止め、東海環状道は養老インターと大野神戸インター間が内回り、外回りとも通行止めとなっています。

 県内では大雪の影響で、27日午前0時から午後3時までに計81件のスリップ事故が発生し、4人が軽いけがをしました。

 また大垣市では、自宅の車庫で脚立を使って雪下ろしの作業をしていた70代の男性が転落し、大けがをしました。

 岐阜地方気象台は、大雪や積雪、路面の凍結による交通への影響に警戒し、なだれなどに注意するよう呼びかけています。

関連記事