ニュース

  • ニュース一覧
  • 高齢者施設でワクチン3回目接種始まる 岐阜県各務原市

高齢者施設でワクチン3回目接種始まる 岐阜県各務原市

高齢者施設の入所者らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が27日、...

 高齢者施設の入所者らを対象とした新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が27日、各務原市で始まりました。

 県はワクチンの3回目接種について、2回目から「8カ月以上」としていた接種間隔を前倒し、高齢者施設の入所者や職員について6カ月となる来月から開始する方針を示しています。

 こうしたなか、各務原市では27日、県内で最も早く高齢者施設での3回目接種が始まり、このうち特別養護老人ホーム「夢」では、施設の入所者と職員計24人が接種を受けました。

 この施設ではことし5月にファイザー製のワクチン接種を行い、3回目もファイザー製ワクチンを接種するということです。

※施設長 板津弘豊さん
 「高齢者がいる施設なので気を付けて対応していかないと命に関わる。接種が早くなったことでこれから年末年始を迎える上で安心材料になる」

 県内の3回目接種は高齢者施設の入所者らが接種間隔6カ月、一般の高齢者は接種間隔7カ月で進められる方針です。

関連記事