ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県 27日にかけ平野部も大雪の可能性 積雪に注意・警戒を

岐阜県 27日にかけ平野部も大雪の可能性 積雪に注意・警戒を

強い冬型の気圧配置が続く影響で、岐阜県は、26日から27日にかけて山間部を中心に...

 強い冬型の気圧配置が続く影響で、岐阜県は、26日から27日にかけて山間部を中心に大雪になり、平野部でも大雪となる可能性があります。

 気象台は積雪や路面の凍結による交通への影響に注意・警戒するよう呼びかけています。

 岐阜県は、25日夜から強い冬型の気圧配置となって強い寒気が流れ込む影響で、26日から27日にかけて山間部を中心に大雪になり、平野部でも大雪となる可能性があります。

 同じ場所に雪雲が流れ込み続けた場合は、警報級の大雪となる恐れがあります。

  26日午後6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで山間部で30センチ、飛騨の平野部で15センチ、美濃の平野部で10センチと予想されています。

 雪は次第に強まる見込みで、27日午後6時までの24時間では、いずれも多いところで山間部で30センチから50センチ、平野部で20センチから40センチと予想されています。

 気象台は、大雪や積雪による交通への影響に注意・警戒するとともに、電線や樹木への着雪、それに、なだれなどに注意するよう呼びかけています。

関連記事