ニュース

  • ニュース一覧
  • グリップの輪が「落ちない」 合格祈願の「かなうわバット」人気 下呂市で名前入れサービス

グリップの輪が「落ちない」 合格祈願の「かなうわバット」人気 下呂市で名前入れサービス

受験生に人気の合格祈願グッズ「かなうわバット」に名前を書き込む作業が、19日、下...

 受験生に人気の合格祈願グッズ「かなうわバット」に名前を書き込む作業が、19日、下呂市で行われました。

 長さ30センチほどのバットに、受験生の名前を毛筆で丁寧にしたためているのは、河原良昭さんです。

 バットは、河原さんが考案したもので文字入れは1人で担当しています。

 バットと輪は1本の木材から削り出され、輪が外れないため「落ちない」バットで「打ち勝つ」という意味がこめられ、縁起物として人気を集めています。

 20年間で約3万5000本が売れました。

 19日は、下呂市にある下呂温泉合掌村で、河原さんが無料で名前を入れていき、受験生の保護者ら約60人が訪れました。

 ※受験生の保護者
「19日は、娘の合格を祈って来ました。」
「有名なので、息子の合格祈願で買いに来ました。」

 「かなうわバット」は1本3100円で販売され、名前を入れるサービスは2022年1月8日と15日にも予定されています。

関連記事