ニュース

岐阜県JAグループ 高校生が活動成果を発表

岐阜県内の高校生が、地域の農業活性化に向けた取り組みの成果を発表する大会が15日...

 岐阜県内の高校生が、地域の農業活性化に向けた取り組みの成果を発表する大会が15日、各務原市で開かれました。

 この大会は県内で農業を学び、地域農業の活性化などに取り組む生徒が活動を報告する場として、この活動を支援している県JAグループが6年前から開催しています。

 今回は、県内の農業高校に通う生徒14チームおよそ200人が参加し、1年間の活動の成果を発表しました。

 このうち加茂農林高校は地元の新たな特産品として、アーモンドやピスタチオなどの木の実の栽培に取り組んだことを報告しました。

 なおグランプリは、酒造りへの関わり方などについて発表した大垣養老高校の清酒プロジェクトが受賞しました。

関連記事