ニュース

  • ニュース一覧
  • サンタクロースが交通安全を呼び掛け 岐阜市の保育園来園

サンタクロースが交通安全を呼び掛け 岐阜市の保育園来園

クリスマスを前に信号機の色の衣装に身を包んだ3人のサンタクロースが岐阜市の保育園...

 クリスマスを前に信号機の色の衣装に身を包んだ3人のサンタクロースが岐阜市の保育園を訪れ、園児らに交通安全を呼び掛けました。

 これは岐阜南警察署や地元の交通安全協会が毎年行っているもので14日、岐阜市のなかよし岐阜南保育園には、サンタクロースに扮した交通安全協会の会員ら3人が訪れました。

 会員らは信号機をイメージした3色の衣装にそれぞれ身を包み、園児らに横断歩道を渡るときは手を挙げることなどを呼び掛けました。

 そして少し早いクリスマスプレゼントとして、子どもたちにハンカチを贈りました。

※園児ら
 「楽しかった 交通事故にならないように(気を付ける)」
 「手をしっかり挙げて右左を見て車の音を聞いて渡る」

※岐阜南地区交通安全協会 渡邊喬さん
 「特に年末年始に飛び出し、横断歩道での事故が多いのでまず信号を守ってほしい」

関連記事