ニュース

岐阜県高山市のスキー場で安全祈願祭

2020年夏の豪雨災害の影響で昨シーズンの営業を中止していた高山市のスキー場で復...

 2020年夏の豪雨災害の影響で昨シーズンの営業を中止していた高山市のスキー場で復旧作業が一部完了し、きょうオープンを前に安全祈願祭が行われました。

 高山市の乗鞍高原飛騨高山スキー場では2020年7月の豪雨で大規模な土砂崩れが発生し、圧雪車やスノーマシンなど7台が被災したため昨シーズンの営業を中止して復旧作業が続けられていました。

 作業が一部完了したことから2年ぶりのオープンにこぎつけ14日、関係者ら約30人が参加してシーズン中の安全を祈りました。

 スキー場を管理する市によりますと、今シーズンはペアリフト一基のみの運行となることからリフト料金を通常の半額に引き下げるということです。

※高山市観光課 清水浩一課長
 「一部復旧ではありますが、ようやく12月を迎えられ、ほっとしている心境です」

 スキー場は12月18日にオープンします。

関連記事