ニュース

飛騨の「花もち」づくりが最盛期

飛騨地方の正月飾り「花もち」づくりが、高山市にある工房で、最盛期を迎えています。...

 飛騨地方の正月飾り「花もち」づくりが、高山市にある工房で、最盛期を迎えています。

 雪国の飛騨地方では、生花がなくなる冬場に、紅白の小さな餅を木の枝に巻きつけた、「花もち」を部屋などに飾って長い冬に彩りを添えます。

 高山市江名子町にある「飛騨の花もち組合 高山工房」では、今月1日から組合員や近所の主婦らの手作業で花もち作りが行われています。

 5ミリほどの幅に切った長さ20センチ程の紅白の餅をひとつひとつ木の枝に巻き付け、花のように飾り付けていきます。値段は大きさで変わり、ひとつ100円から数万円のものもあるということです。

 ※飛騨の花もち組合 高山工房 中野富子さん
「花もちを飾って、新しい年が健やかで良い年になればと思って作業しています。」

 花もちづくりは今月25日頃まで行われ、県内のほか、東京・名古屋大阪方面へ出荷されます。

関連記事