ニュース

JR中津川駅で合同訓練 刃物事件の多発を受け

列車内で刃物を使った事件が相次いでいることを受け、8日、中津川市のJR中津川駅で...

 列車内で刃物を使った事件が相次いでいることを受け、8日、中津川市のJR中津川駅で鉄道関係者と警察による合同訓練が行われました。

 この訓練は長野、岐阜、愛知と県をまたぐJR中央線で不審者が現れた際にそれぞれの関係機関との連携を密にしていこうと、JR東海、中津川警察署、そして長野県の木曽警察署が合同で行ったものです。

 訓練は列車の乗客からの通報に基づいて職務質問した警察官に、男が刃物を取り出して暴れだしたという想定で行われました。

 本番さながらの緊迫した雰囲気のなか、駅員が乗客を避難させ、男が列車内からホームに出たところをさすまたを持った警察官らが一瞬の隙を突いて取り押さえました。

※中津川警察署 大野太署長
 「無線の通話も鮮明で避難の誘導も完璧にできた。犯人の検挙にも至ったので十分実のある訓練だった」

 警察は不審者を目撃した場合はまずは身の安全を確保した上で駅員や警察に通報するよう呼び掛けています。

関連記事