ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県笠松町 名誉町民に杉山氏・松波氏の2名選定

岐阜県笠松町 名誉町民に杉山氏・松波氏の2名選定

羽島郡笠松町の名誉町民に岐阜新聞社最高顧問の杉山幹夫さんと、松波総合病院名誉院長...

 羽島郡笠松町の名誉町民に岐阜新聞社最高顧問の杉山幹夫さんと、松波総合病院名誉院長の松波英一さんが選ばれました。

 これは7日の町議会で選定同意案が可決され、決まったものです。

 笠松町出身の杉山さんは94歳。

 長年岐阜新聞社・岐阜放送の社長を務め、町の魅力を伝えるメディアとして貢献したことや、国の登録有形文化財の杉山邸を町に寄贈し、地域文化の振興に寄与したことが選定の理由です。

 杉山さんは「大変光栄。これからも地域密着ひと筋で進みます」と喜びを語りました。

 一方、91歳の松波さんは地元の松波総合病院で長く病院長を務め、県の救急医療や高度先進医療の推進に多大な貢献をしたことが評価されました。

 松波さんは「光栄に思うと同時に身の引き締まる思いでいっぱい」と話しています。

関連記事