ニュース

  • ニュース一覧
  • あいおいニッセイ同和損害保険と岐阜県警が連携協定 交通事故のない社会を目指す

あいおいニッセイ同和損害保険と岐阜県警が連携協定 交通事故のない社会を目指す

交通事故のない社会を目指そうと、あいおいニッセイ同和損害保険と岐阜県警が連携協定...

 交通事故のない社会を目指そうと、あいおいニッセイ同和損害保険と岐阜県警が連携協定を結びました。

 この協定は交通事故をなくし安心・安全な交通社会を実現しようと、あいおいニッセイ同和損保と県警が結んだもので、東海地区では初めてです。

 締結式には、あいおいニッセイ同和損保岐阜支店の原誠行支店長と県警の須貝英男交通部長が出席し、協定書に署名しました。

 原支店長は「安心安全のゴールを目指し精一杯支援していきたい」と意気込み、須貝交通部長は「この協定が県民運動に発展していけば」と話しました。

※あいおいニッセイ同和損保 原誠行支店長
 「岐阜県は広域で、一世帯当たりたくさん車を持っている方が多いです。長く安心して車に乗っていただくために、県民みなさまの事故防止に繋げていきたい」

 また、あいおいニッセイ同和損保の社員で、東京パラリンピック男子車いすバスケットボールで銀メダルを獲得した秋田啓選手がモデルを務めたポスターもお披露目されました。

関連記事