ニュース

バス内想定の不審者対応訓練 岐阜北警察署

列車内における無差別事件が相次いでいることを受け、バス車内での不審者への対応を想...

 列車内における無差別事件が相次いでいることを受け、バス車内での不審者への対応を想定した訓練が3日、岐阜北警察署で行われました。

 訓練には警察官約20人が参加しました。

 訓練は、バスの車内で男が刃物やバットのようなものを振り回したり、他の乗客に暴力を振るったりとさまざまな想定で行われ、通報を受けた警察官が現場に駆け付け警棒やさすまたを使って男を取り押さえました。

 また事前にシナリオを知らせないことで、本番さながらの訓練となりました。

※岐阜北警察署地域課長 𠮷安孝志さん
 「(訓練は)常に緊張感を持ってやっていくということが必要ですので、こういった訓練は継続的に続けていきたいと思っています」

関連記事