ニュース

  • ニュース一覧
  • 学校のグラウンドに巨大な星 岐阜県安八町の小学校で児童が描く

学校のグラウンドに巨大な星 岐阜県安八町の小学校で児童が描く

安八郡安八町の小学校で2日、子どもたちが測量に挑戦し、学校のグラウンドに巨大な星...

 安八郡安八町の小学校で2日、子どもたちが測量に挑戦し、学校のグラウンドに巨大な星を描きました。

 安八町の名森小学校で行われたのは、測量で巨大な絵を描く「地上絵プロジェクト」です。

 子どもたちに算数への理解を深めてもらおうと県土地家屋調査士会大垣支部が約10年前から続けています。

 2日、6年生80人が参加し、測量機器を使って学校のグラウンドに、約10メートルの巨大な星を描いていきました。

 子どもたちは、距離や方向の測り方に苦労しながらも、声を掛け合って線を引きました。

※児童ら
 「とても難しかったです」
 「1ミリ単位でやっているのがすごいと思った」
 「自分で測って、とても楽しかったです」
 「直線の角度を測ったり、土地の管理の人はすごいなと思った」

 グラウンドには、安八町のマスコットキャラクター「アンビー」や校章も描かれ、完成した絵を見た子どもたちからは歓声が上がっていました。


※岐阜県土地家屋調査士会大垣支部 髙木康樹支部長
 「小学校と連携をしながら、プロジェクトを続けていけたらなと思います。」

関連記事