ニュース

  • ニュース一覧
  • 立憲民主党新代表に泉氏 岐阜県連代表や県民の反応は

立憲民主党新代表に泉氏 岐阜県連代表や県民の反応は

立憲民主党の新たな代表に泉健太政務調査会長が選ばれました。 来年夏の参議院選挙に...

 立憲民主党の新たな代表に泉健太政務調査会長が選ばれました。

 来年夏の参議院選挙に向け、野党第1党の再生が最大の課題で、岐阜県民も注視しています。

 立憲民主党は30日午後、新たな代表を選出するための臨時党大会を開きました。

 4人が立候補した代表選挙の1回目の投票で泉氏が1位となりましたが過半数に達せず、2位の逢坂誠二元総理大臣補佐官との決選投票で、泉氏が勝利しました。

※岐阜県連 渡辺嘉山代表
 「泉代表は衆院選でも岐阜に来ていただいて候補者を応援してもらったが、若さと、いろんなところに目が行き届くバランスのとれた方。まずは泉代表と一緒に活動していただける方を発掘しなければならないし今の方々ともやっていきたいというのが一番」

 また、泉氏が新代表に選出されたことについて県民の反応は・・・

※男性
 「昔応援していたけど、ちょっと最近バラバラになるし、ちょっと期待外れです。頑張ってほしいけど、日本のために」

※男性
 「自分たちの党のことばかり考えて国民のことを考えていないんじゃないかと」

※女性
 「コロナ禍なので、いろいろと大変だと思うんですけど、世の中の意見をいっぱい反映していただければありがたいと思います」

 泉氏の任期は2024年9月末までで、来年夏の参議院選挙に向けては共産党などとの野党共闘のあり方も課題となります。

関連記事